楽天証券

目立った長所なし

楽天証券

手数料値下げ競争の最前線で戦ってきた楽天証券だが、現在では目立ったところもなく、特筆することはない。

1日で取引の往復を完了する「日計り取引」に限り、片道分の手数料が無料というサービスを行っているが、それを考慮しても、もっと安い手数料の会社がある。

信用取引の金利が非常に高い点に注意。信用取引で塩漬けにしてしまうと、莫大な金利を請求される。

特徴 信用買い金利が2.85%と高い
超割コース等一定の条件で、楽天ポイントがもらえる場合がある
取扱商品 名証、IPO、制度信用、無期限信用、 米国株、香港株、外国為替(FX)、先物、オプション、カバードワラント
口座開設 楽天証券

マーケットスピード ナノ

豊富な機能を持つ楽天証券だが、使える機能は正直限られてくる。これはどの証券会社も同様だ。ただ、マーケットスピード ナノは使って無い人は是非試すべきだろう。小型の売買注文用ガジェットだが、軽快な動作をはじめ非常に使いやすい。

名前がipod nanoと類似しているが一切関係ないので、その点は注意されたい。

マーケットスピードナノ解説画像

手数料

現物取引1約定ごとの手数料(ワンショットコース)

約定代金 超割コース適用
手数料(税込)
通常
手数料(税込)
10万円以下 150円 150円
10万円超~20万円以下 199円 199円
20万円超~50万円以下 293円 368円
50万円超~100万円以下 525円 657円
100万円超~150万円以下 628円 786円
150万円超~3000万円以下 994円 1,244円
3,000万円超 1,050円 1,314円

取引金額が多い顧客は「超割コース」として以下の手数料が適用され、ほぼ全ての価格帯で大幅な値引きが行われる。超割適用の条件については、楽天証券ホームページで確認して欲しい。

信用取引1約定ごとの手数料(ワンショットコース)

約定代金 手数料(税込)
30万円以下 270円
30万円超 486円

※ 超割コースの場合は全価格で388円

一見安そうに見えるが、ライブスター証券やGMOクリック証券に比べると全然高い。また、最も大事な信用取引の金利が凄まじく高いので、信用取引では利用できない。

現物・信用取引1日定額手数料(いちにち定額コース)

楽天証券の定額コースは現物・信用取引の料金が共通です。

約定代金 手数料(税込)
50万円以下 463円
50万円超~100万円以下 926円
100万円超~200万円以下 2,160円
200万円超~300万円以下 3,240円
以降100万円増えるごと 1,080円増加

現物・信用ともに1日で買って売っての1往復をする取引を日計り取引は、同一銘柄の場合手数料が片道分無料になる。例えば40万円の株で日計り取引を行った場合、往復で80万円の取引だが売却時の手数料がカウントされないため、50万円以下の463円が手数料になる。片道半額になっても、そんなに安くない点に注目してほしい。