GMOクリック証券

激安手数料と超快適発注システム

GMOクリック証券トップページ画像

GMOクリック証券は、東証1部上場企業のGMOインターネットの子会社。ネット証券の世界ではトップクラスの知名度を誇る会社なので、殆どの人が知っていると思う。

2013年のオリコン顧客満足度ランキング、ネット証券部門総合で第2位、FX取引部門では総合第1位を獲得するぐらいに人気は高い。人気の理由は当然、手数料が安いからだ。
中でも信用取引の手数料は、業界トップクラスである。

特に「はっちゅう君」は動作も軽く注文のレスポンスも極めて良い。

GMOクリック証券ツール

はっちゅう君は、サルでも出来るぐらいに簡単な作りだが、取引ツーランキングで1位になった「スーパーはっちゅう君」は、2012年にGMOクリック証券が始めた新取引ツールで、スプリントというシステムを採用している。スプリントは、松井証券や旧野村ジョイなども利用しているシステムで、リアルタイムで株価が更新されていくとても便利なソフトだ。

ツールはトップ企業と同等かそれ以上、手数料は業界最安値水準、人気が出るのも当然と言える。

また、スマホへの対応も完了しており、iPhoneユーザーには「iCrick株」、アンドロイド携帯も「株roid」というソフトを用意。
パソコン版との連動機能もあり、ウォッチリストも共有できるなど親切極まりない作りだ。

スマホ対応管理画面01

手数料の安さだけでなく、ツール面での優秀さもGMOクリック証券は群を抜いている。

特徴 現物取引100万円以下、500万から1000万の価格帯で最安値
信用取引全価格帯で手数料最安値(金利計算除く)
日経225先物、日経225miniで最安値
取扱商品 株、先物、オプション、FX、CFD、外国債権、何でも取り扱っている
口座開設 GMOクリック証券

手数料

現物取引1約定ごとの手数料

105円等消費税5%のような表記だが、正真正銘税込価格で以下の料金だ。GMOクリック証券は消費税増税後に料金を据え置いた。実質値下げを行ったことになる。

約定代金 手数料(税込)
10万円以下 95円
10万円超~20万円以下 105円
20万円超~50万円以下 260円
50万円超~100万円以下 470円
100万円超~150万円以下 570円
150万円超~3,000万円以下 900円
3,000万円超 960円

3,000万円超で960円は文句なしに安い。

現物取引1日定額料金の手数料

約定代金 手数料(税込)
20万円以下 230円
20万円超~30万円以下 300円
30万円超~50万円以下 430円
50万円超~100万円以下 860円
100万円超~200万円以下 1,260円
200万円超~300万円以下 1,660円
以降100万円増加ごとに 290円ずつ加算

信用取引1約定ごとの手数料

約定代金 手数料(税込)
~500万円 100円
500万円超 無料

また、以下の条件を満たすと、VIPプランというものを利用でき、500万円以下の部分も0円になる。

  1. 毎月20日(非営業日の場合は前営業日)の大引け時点で信用建玉残高が5億円以上
  2. 判定日翌日~次回判定日における日計り信用決済約定代金合計額が5億円以上
  3. 判定日翌日~次回判定日(平均は株式取引の営業日ベースで算出)における未決済信用建玉残高の平均が1億円以上
  4. 判定日翌日~次回判定日の営業日(平均は株式取引の営業日ベースで算出)における貸株残高の平均が1億円以上

信用取引定額手数料

約定代金 手数料(税込)
10万円以下 100円
10万円超~50万円以下 210円
50万円超~100万円以下 420円
以降100万円増加ごとに 315円ずつ加算

こちらもVIP適用なら0円。

信用取引金利・貸株料

制度信用取引金利 一般信用取引貸株料 制度信用取引貸株料
2.10% 該当なし 1.10%